Saka_6_6_02本日は朝食の後クリスと坂元両名がパワーショベルを借りに行くため(窯作りに必要な土の採取のため)リース会社へ行きましたが機械が出払っており借りることが出来ず、全員(5名)で土窯アーチ骨組み構築に掛かりました。5人いると作業ペースも早まり午前中には窯尻まで作業の手を加えることが出来、新しく足すアバラ竹はクリスに担当してもらい(アーチに使える竹と不向きな竹の情報やアーチへ足して行く時の足し方など色々な事を理解してもらいたいという判断のもと)昼食の後も5人で午前中に足したアバラ竹と昨日からの続きの糸緊結を行い、窯前部から窯尻までしっかりしたアーチを組むことが出来ました。Saka_6_6_04
Saka_6_6_03


その後、窯尻をチェック、アバラ間隔の広い所へさらに5本アバラ竹を足し緊結を行い、その結果作業量としてはあと1日から1日半あればアーチ骨組み完成の予定が立つというところまで作業を進めることが出来ました。


Saka_6_6_05Saka_6_6_06

Saka_6_6_08

ここまでくると少し気持ちの緊張もほぐれ、日本でいうと梅雨明けの夏空のようなここ最近の空と浮かぶ雲を見上げ森に囀る小鳥も声にも癒されメンバーの作った夕食を美味しく食べられる一時を過ごせるようになりました。

Saka_6_6_09