今日のアーカンソーは朝からぐんぐん気温が上がり、10時頃には32℃を超える温度になっていました。本日は、土窯築窯現場近くの同じ牧場内の土(一番適していると思われる粘性の土)を採取する作業に1日を費やしました。
予定量としては4tですが、他に使う計画もあり、予備も含めて5〜6tを採取する目安で作業を進めていきました。

右側が粘土 左側は砂土
右側が粘土 左側は砂土

また、試験用のミニアーチ制作予定が大巾に遅れていましたが、今朝から作業に掛かり午後7時には竹組みアーチに土を乗せ終え、乾燥収縮による日ひび割れ、また焼成時及び焼成終了後のアーチ制作では土の水分量やアーチ竹組みに土を乗せた時の作業手順や手ならしなどのプロセス確認も行いました。
Saka_6_11_03
Saka_6_11_04
Saka_6_11_05初めて手にし目にするタイプの土なので、その質をどこまで理解できるかが大きなポイントになるでしょう。
また、事前にクリスには窯場近くの数種類の土を耐火、収縮率の試験を行ってもらっています。
Saka_6_11_06