今日は、一昨日、昨日と採取した土を目の粗い篩でおろす作業が主であり、大きな石や小石もここ周辺の石は耐火度が低く、熱を加えると破裂することもあり、土と一緒に使うには不安な要素が強いため、篩にかけて石を取り除く選択をし、そのための工程が本日の作業です。ただし篩を通る程度の小石なら焼成時に壁、天井に大きな影響を与えないと判断しました。
Saka_6_13_01
昨日のミニ試験アーチは、かなりのひび割れが生じたため、これを修理するのに二つのパターンを試み、一つは3割程度の粘土を混ぜた土で修理、もう一つは土のみを練り、ひび割れを埋める修理をしました。
Saka_6_13_03
また、テストピースも三つのパターンを造り、一つ目は土のみをあまり練らずに固めアーチ状にしたもの、二つ目は土のみを良く練りアーチ状にしたもの、三つ目は土10に対し粘土を1割混ぜ、良く練ってアーチ状にしたもの3つのテストピースを製作し最終判断の材料にしました。昼食を挟み1日中、土おろしと午後より粘土の準備も加わり、本日はかなりの重労働で暑さも加わり汗も大量にかき、途中夕方クリスのお姉さんのウェンディーさんがご主人と友人と窯場に足を運んでくださり、瑞々しいスイカの差し入れには我々一同とても癒されました。
Saka_6_13_04
Saka_6_13_05