備前焼中世古窯「土窯」復元作業完成!

Saka_6_17_01本日は、土窯の付帯工事の最終となる作業を行いました。正面焚口(入口)を挟んで両脇を石と土でさらに補強する作業で、これをもって土窯付帯工事は全て終了となります。
Saka_6_17_02
まず両脇の地面を少し掘り下げ石を設置し、練った土を用いり石は上部へ重ねるものほど少しづつ小さいものにし入口中段あたりで終了、この後土を練り表面を厚塗りし両脇からほっぺたと呼ぶ側面までをこの作業でしっかり土を貼り付け表面を整え、昼食を挟み午後2時半頃この作業は終了しました。
Saka_6_17_03
おおよそ一ヶ月に渡るアメリカ・アーカンソーにおける備前焼中世古窯「土窯」復元作業が終了し、大雨の天候とは正反対の皆晴れやかな顔をしていたのが印象的でした。
夕方からは、土窯で焚く作品のための土探しを開始、牧場を出てすぐ近くの道路脇に露出している土を試験採取し、小屋へ持ち帰りました。
Saka_6_17_04