7時半作品制作のため小屋を出て朝の牧場と窯場を散歩し散策、朝露に濡れた牧場が朝陽を浴び、キラキラと光輝き、レッドバードと呼ばれる赤い小鳥が声高に鳴き、すぐ近くで頭の先が赤いキツツキがコンコンと木を鳴らしている。
クリス氏がやって来て朝の挨拶を済ませ、彼も早速数日来取り組んでいる作品制作に入る。私も自分の先住民の古い生活道具から発想を得て制作中の作品の前に立ち、さぁ今日も頑張ろうと一人声を発する。メンバーも到着、全員が今日も作品制作に付き穏やかな朝の空気の中にも緊張感が漂い1日が始まりました。
夜8時の夕食を挟み11時頃まで制作を行い本日は終了。
こちらでは夏時間の期間に入っていますが、どうやら私達には関係のないもののようです。