空焚き終了から二日目、明日には窯を開け内部へ入り点検と最終の補修補強作業が待っています。作品制作も最終段階に入りつつあり、(本来時間に余裕があればすでに制作は終えているのが理想)誰一人制作中は声を発することもなく黙々と本日も取り組んでいます。
Saka_7_24_02
午後より他のメンバーを残し、私と赤井はクリスの運転でホットスプリングスまで車を走らせました。ホットスプリングスという地は私達の居るディクイーンから車で2時間少々の所にありアメリカを代表する長い年月を経た山、ウォシタ山地が有り(500〜290億年前)ここの土を探査、採取しサンプルを試験焼成する事を目的としています。
Saka_7_24_03
私達で出来る限りアーカンソーの土を知りたい思いの一貫の取り組みです。
ウォシタ山地を何カ所か回り、数種類の土を採取し、窯場へ戻った時には夜11時を過ぎていました。自分の作品制作、薪集め、薪割りと忙しい日程を送っているクリスの協力に大変有り難く感謝しています。
Saka_7_24_04