Saka_5_21_01Saka_5_21_02明け方の肌寒い雨もあがり、穏やかな風が吹く気持ちの良い朝となりました。この日は、平坦になっている窯床をゆるいR(アール)のついた船底型に改修するための窯床の調整が行われました。また、手の付けられていない窯尻を掘り、窯全体の勾配との調整作業が進められました。
Saka_5_21_03Saka_5_21_04Saka_5_21_05クリスと坂元の両名は、正面入口回りの石組みに使う石を探しにディクイーンに向かいました。夕方、試験採集した各種の石をトタンの上に炭に火をおこしその上に置いて、耐火試験を行いました。